読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

batoさんの世界。

主にエストレヤRS'95に関してのブログです。他にもコペン(L880K)、その他趣味の記事など。Twitterやってます→@bato_22

エストレヤのDIY全塗装 剥離編

バイク整備・カスタム

こんばんは。batoです。

 

続いてはカスタムについて書いていこうという事で、DIY塗装の話を。

ちなみに2014年春ごろのお話です。

他にマフラー交換やサイドバッグサポート取付などやっているのですが、記事にしてもしょうがないので割愛。

 

さて、念願叶ってライダーデビューをしたわけですが、1つだけ気に入らない点があります。

 

f:id:bato_motors:20161211002030j:plain

です。

黒に銀とか地味すぎるのもいいところです。

そりゃまぁ、塗装する前提で買った訳ですから仕方ありません。

 ここで塗装するにあたって、作業工程を簡単に説明します。

 

1.下地処理

2.下地塗装(プラサフ)

3.下塗り

4.本塗り

5.クリア塗装

 

一番大変なのは1の下地処理です。

しかも、これを手抜きすると全てが台無しになります。

具体的に何をすればいいかというと、今塗られている塗装を全て剥がし、鉄の素地だけの状態にします。

そこから表面を紙ヤスリなどで平坦にしていく作業です。

方法は手作業か電動工具のどちらかですが、手作業でバイクの塗装なんて剥がれそうにありません。

電動工具は近所への騒音問題もあり使うのが困難。

それに、今回のためだけに買うのもね……。

塗装剥離剤を使う手もありますが、綺麗には剥がれてくれずに、どのみち最後は手作業になるのでこれも却下。

 

どうするべきか悩んでいた矢先、「サンドブラスト加工」というものがある事を知りました。

これは、砂のようなものを勢い良く噴射して表面を綺麗にするという技術です。

まずは、やってくれる業者さんを探して「ホンゴウブラストワーク」さんにお願いする事にしました。

 

www.hbw-miyazaki.com

 

まずはメールで問い合わせをし、見積もりをしてもらいます。

すると以下の金額となりました。

 

1 ライト
  下地処理加工(サンドブラスト
  1,500円

2 Fフェンダー
  下地処理加工(サンドブラスト
  3,000円

3 フューエルタンク
  下地処理加工(サンドブラスト
  5,000円

4 サイドカバー(左右)
  下地処理加工(サンドブラスト
  5,000円

5 Rフェンダー
  下地処理加工(サンドブラスト
  4,000円

 

手間をお金で買うと考えれば、わりとリーズナブルです。

ライトは樹脂製で処理出来ないとの事だったため、2~4をお願いする事にしました。

 

そしてここが肝心な所……タンクを含め、加工に出すという事は、その間はエストレヤには乗れないという事です。

ですので、梅雨に入る直前くらいを狙う事にしました。

しかし、これが完全に時期を見誤る事に……。

f:id:bato_motors:20161211105846j:plain

(裸にされたエストレヤの図)

 

ちなみにタンク内に残っていたガソリンは、手動ポンプで汲み上げて会社の後輩の車に入れました。

タダであげたのですが、けっこう残量が残ってて喜んでました。

その後は日陰干し。1日もすればガソリンの臭いが消えました。

 

次回は塗装編です。乞うご期待。

 

 

 

次記事

bato-motors.hatenablog.com