batoさんの世界。

主にエストレヤRS'95に関してのブログです。他にもコペン(L880K)、その他趣味の記事など。Twitterやってます→@bato_22

空燃比計のススメ。 取付編

こんばんは。batoです。

 

前記事の鹿さんとのツーリングの際に、カスタム欲を刺激されてしまい、どんなパーツを買おうかと悩んでいた矢先に、マフラー交換をする事となりました。

というのも、エストレヤの前オーナーが盛大にコケたらしく、マフラーがボコボコに凹んでいたんですよね。

鹿さんからは「ぼこぼこマフラーのbatoさん」なんて呼ばれたりして、半分くらいトレードマークになってましたが、ずっとこのままは嫌でしたので(笑)

 

それはさておき、社外品のマフラー交換したら始動性が悪くなり、これはキャブレターのセッティングをしなければならいな……と薄々感じ初めました。

 

 

まず、なぜマフラー交換したら始動性が悪くなったりと調子を崩すのかご説明します。

知ってる人にとっては常識でしょうけど……(笑)

 

まずマフラー交換によって排気ガスがよく抜けるようになります。

抜けていくぶん、エンジンが吸い込む空気の量も増えます。

しかしキャブレターというのはガソリンを供給する割合が固定なんです。

よって空気ばかり増えてガソリンの割合が減り、爆発力が減ってしまう。

大体こんな原理です。

ちなみに現在市販されている車やバイクは、コンピュータ制御でガソリンを供給しているので、過激なカスタムをしない限りそのような心配はありません。

 

 

やり方を調べると、キャブ内のセッティングを変更してはプラグの焼けを見る……という作業の繰り返しのようです。

黒いと空燃比が濃く、白いと薄いようです。

 

f:id:bato_motors:20161215234751j:plain

現状が知りたくてプラグを外してみましたが、やはり薄かったようです。

白い部分が見えますね。

しかし……。 

 

 

プラグの焼けじゃなくてもっとビシっと分からんのか!

現代の技術でもこんな事やってるのか!?

 

 

 

と思った私はもっと突っ込んだ部分で調べてみました。

すると、4輪チューニングの世界では「空燃比計(A/F計)」という物が一般的に使用されている事が分かりました。

一方でバイクはあまり聞かないようです(たぶん)。

これは、排気管からエンジン内部の燃焼状態を読み取る計器で、ガソリンが多いのか空気が多いのか分かっちゃうというものです。

つまり、プラグの色で薄い濃いだのせずに、ビシっと数字で分かっちゃう優れものなのです!

 

 

 

使用するにあたっては、排気側にセンサーを取付する必要があるようです。

どうにか取付出来ないかと思案していたのですが……。

 

 

f:id:bato_motors:20161214230902j:plain

カワサキ公式 パーツリストより引用)

 

現行型には、ECUが信号を読取るためのO2センサーが付くようになっているようです。

もしネジ径が合えばポン付け出来そうです!

半分は賭けでしたが、空燃比計と合わせて現行型の純正エキパイを注文しました。

 

f:id:bato_motors:20161214231809j:plain

空燃比計は、オートゲージというところの製品を買いました。

台湾の企業みたいです。

 

 

 

 

 

f:id:bato_motors:20161215075301j:plain

両方届いてから、付属してきた蓋をするためのネジを差し込んでみましたが、やっぱり合わなかったようです(涙)

エキパイ側のボス径が小さくてセンサーが入りません。

 

しかしここで諦めてはいけない。

あれこれ検索してみると、バイク用に空燃比のボスを取付してもらえる「ランポート」さんというショップがある事が分かりました。

 

www.runport.com

 

お電話にて問い合わせしたところ、8000円ほどでやってもらえるとの事で、届いたばかりのエキパイを再び梱包し、今度はランポートさん宛に送りました。

 

 

f:id:bato_motors:20161214232337j:plain

1週間ほどしたら返送されてきました。

ちゃんと新しいボスが溶接されて付いています!

 

ここに至るまであちこちのショップに電話を掛けて軒並み断られたのですが、唯一ランポートさんだけが引き受けてくれました。

本当に、感謝感激です。

 

 

f:id:bato_motors:20161215075420j:plain

早速、古いエキパイを外して取付を行います。

古いエキパイ君、20年間お疲れ様でした……!

 

次回は、空燃比を見ながらのキャブセッティング編です。

乞うご期待。