batoさんの世界。

主にエストレヤRS'95に関してのブログです。他にもコペン(L880K)、その他趣味の記事など。Twitterやってます→@bato_22

TJさんにお会いしてきました(1)

こんばんは、batoです。

 

今まではウンチクな記事ばかりでしたが、今回はツーリング日記のような記事です。

 

 

 

TJさんとは

www.tj883n.com

 

 さて、私がブログを始める切っ掛けとなったのがTJさんというブロガーの方。

関東にお住まいの、元エストレヤ乗りで現ハーレー乗りです。

遠方ゆえに、Twitter上でしかやりとりが無かったのですが、今回はるばる九州へとツーリングに来られるという事だったので、お会いする事になりました。

 

 

 

 

www.tj883n.com

TJさんの旅の記事はこちらから読めます。

ちなみに私が登場するのは第4話からです。

 

 

www.tj883n.com

  

 

 

f:id:bato_motors:20170608190812j:plain

 

大観峰にて集合

この日、実はTJさん以外にも数名集まる事になっていて、過去記事に登場する鹿さんや、最近知り合ってよくツーリングするようになった方など、合計で5名の大所帯となりました。

県外からの方を出迎えるのはいつも大観峰なのですが、どういうわけかキッチリ時間どおり集合というわけにはいかず、先に来たほうが待つ事が多いです。

今回も私が先に着いてしまい入り口付近で待っていたのですが、一向に現れないので、草原の坂道を降りたりして遊んでいると、三拍子のエンジン音に合わせて、聞き覚えのあるエストレヤのサウンドが遠くのほうから聞こえてきました。

どうやら、出迎え失敗のようです(笑)

 

 

 

 

f:id:bato_motors:20170608191158j:plain

その後も、一人また一人と到着し、全員が揃いました。

 

 

 

 

昼食、倍喰丼

阿蘇での食事といえば赤牛です。

大観峰から少し走ると、「北山レストラン」という所があります。

ここはとても人気のあるお店で、休日ともなれば駐車場は満車、場合によっては1時間待ちなどもよくある事です。

案の定、この日も待たなければならなかったのですが、3~40分程度だったので、店の前でくつろぐ事にしました。

 

 

f:id:bato_motors:20170608192109j:plain

 TJさんはMAC使いなのですが、ネットでたまに見かける「MAC開いてドヤ顔」ネタを披露してくれました!

ちなみに写真や動画をPCに取り込んでる作業をしているだけです……(笑)

 

 

 

f:id:bato_motors:20170608192820j:plain

こうして時間が過ぎ、ようやく店内に入る事が出来ました。

この北山レストランには、「倍喰(ばいく)丼」というものがあり、1700円ほど。

なかなかに高価なのですが大人気メニューで、売り切れてしまって食べる事が出来ない日もあります。

しかし運良く食べる事が出来ました。とても美味しい!!

 

 

 

 

ハーレーを少しだけ試乗

 店を出た後、鹿さんとTJさんがお互いのハーレーを乗り比べをしていて、TJさんの提案で私も試乗させていただく事になりました。

試乗なので、店を出て少し走ったら戻ってくるだけの短いコースです。

 まずポジションが慣れない姿勢のため手こずりました。

アップ気味なハンドルはそこまで違和感を感じなかったのですが、足を前に投げ出した位置にシフトペダルがあるので、シフト操作とリアブレーキがやりにくかったです……。

しかし、そこに慣れればとても良いバイクだと思いました!

かなり重いはずなのに重さを感じさせない走りや、長距離を運転するのに適した姿勢、とても良いと思います。

気になってる方は、一度試乗してみる事をおすすめします!

www.tj883n.com

www.tj883n.com

 

 

f:id:bato_motors:20170608194612j:plain

出発前に、集合写真を撮っておきました。

 

 

 

 

阿蘇大橋へ

昼食後の予定が決まっていなかったのですが、熊本といえば去年発生した地震、その爪痕を見ておきたいという事で、阿蘇大橋のある場所へ行く事になりました。

 

f:id:bato_motors:20170608194724j:plain

f:id:bato_motors:20170608195251j:plain

あの地震から1年経過していますが、熊本全体で見るとまだまだその爪痕が各所に残っています。

特にここ阿蘇大橋は今でも写真のような状況です。

周りの建物も、地震によりほぼ誰も住んでおらず、静寂のなか聞こえるのは川の音だけです。

亡くなった方達を無言で想いながら、この地を後にしました。

 

 

解散

f:id:bato_motors:20170608195541j:plain

来た道を戻ったところにあるコンビニで少しばかり立ち話をした後、この日は解散しました。

 

 

名残惜しく別れを告げ……と、いくはずですが、実は翌日もTJさんと走る事になっているのです。

次回は、熊本からフェリーに乗り島原へ渡ります。

乞うご期待。